TOPページ:これまでの鳩対策の方法は?!!

●一般の家庭でこれまで取り組まれている方法は以下のようなものがあります。
・CDや磁気を取り付ける ・擬似模型を取り付ける
・ワイヤー・釣り糸などを張る これらの対策は、とっても手軽で簡単な方法で、一時的には効果がありますが、昔からある「案山子(かかし)」と同じ方法で、すぐにハトが慣れていまい、効果の持続は残念ながら望めません。

●少し専門的なハト対策となると、以下のようなものがあります。
・プロテクター(剣山)を取り付ける ・ネットで塞いでしまう でもこれらの対策は景観が悪く、また、プロテクターやネットの隙間に入り込んで営巣するハトもいます。
しかも、慣れると戻ってくるようになり根本的な解決には至りません。
誤って人間がケガをしてしまう場合もあります。

●その他の方法
・捕獲 鳩は保護鳥なので行政の許可なく処分することは禁じられています。
そして、捕獲するのは大変難しい作業です。
・薬殺 昔は行われていました。 しかし、環境保護や動物愛護が叫ばれる昨今では、社会的には許される方法ではありません。一年以下の懲役、または100万円以下の罰金が科せられます。ですので傷つけずに追い払う方法が必要です。
また、ハトの死骸の処分も大変な作業です。